人気ブログランキング |

間取りと同じく大切なこと。

間取りと同じく大切なこと。_f0042438_15334393.jpg
FRAMEの岩松あつみです。
久しぶりに投稿いたします。

写真は、我が家のLDK部分の図面です。
16年前に若杉さんに設計して頂きました。
まだ、このころは夫婦二人暮らしでしたが、現在は子供が2人増え4人暮らしとなりました。

子どもとはいえ、
人数に比例して物が増えています。
そして子供の成長と共に、なにかと片づけが大変なことになりました。
(小さな言い訳ですが、共働きも要因の一つです)

どうしたら片付くのか?でなく、
どうして散らかるのか?を考えたことがあり、
それは、情報・リサイクル・洗濯の3つがポイントだということに気づきました。

①情報コーナー・・・地域や子供関係のプリント、パソコン機器、郵便物、お薬やサプリメント、文具(種類豊富でありながら家族管理となる)

②リサイクルコーナー・・・日常のゴミ、資源ごみ、リサイクル類(分別で場所を取る)

③洗濯コーナー・・・バルコニーで干してリビングで畳む 生乾きは部屋干し?畳んでも収納まで持って行けてない(ソファーが洗濯物置き)

この3つがそれぞれに集約し、
かつ、どの場所で行うのか?が、室内美化及び家事が楽になるコツだと思います。

では、具体的に、
①情報コーナーは、リビングに近く家族が通る場所に設ける。
お子さんが小さいうちは、リビングダイニングで宿題をするケースも多く、学用品を一時的に保管できると良いです。
お薬サプリメント&体温計もこの部類に。※使い捨てマスクも。

②リサイクルコーナーは、主にキッチンからごみ類がでるので、量が増えたら屋外へ持ち出せるようにする。
最近は、お取り寄せも多くなり、一時ストックのリサイクル量が増えました。

③洗濯物コーナーは、脱衣とクローゼットに近いほうが理想的です。できれば突然の来客の目に触れないところに設けたいですし、
スペースの無い方には、ガス乾燥機をお勧めしています。最近は、オール電化でもガス乾燥機の家庭も増えました。

↑↑↑↑↑↑↑
ここまでは家を建てた人も、そうでない人にもおすすめします。

若いご夫婦がこれから建てるのならば、
もしかしたら、寝室の他に睡眠が確保できる場所があったら良いかも。
ということを、頭の片隅にいれておいてください。

40代に入ると、
睡眠の質が下がりますし、
お子さんが高校生になれば、お母さんが早起きしてお弁当を作ることも考えられます。

間取りは、造りこまず可変性があること。
そして、情報、リサイクル、洗濯の管理がしやすいように計画しましょう。

FRAME 岩松あつみ

by kuhgaku | 2021-02-18 16:30 | その他

熊本の家づくりプロ集団「空楽」からのお知らせなど・若杉建築設計工房・直理建築設計事務所・カリエラK・SPACE LAB.・aireal・グランマデザイン設計室・Archi Design・FRAME・円ホーム


by kuhgaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28