次の100年住宅プロジェクト続⑩

前回までのあらすじはこちらです→次の100年住宅プロジェクト続⑨


この日は、J様に弊社の益城資材倉庫 “通称 理庵” へ来ていただきました。

その訳は・・・

解体してきちんと保管した和室の床の間の床板をなにやらリメイクするようですよ。
f0042438_203961.jpg


約110年前には伐採されていただろうこの床板。
次は、どんな姿となりJ家へ戻ってくるのでしょうか?

お楽しみに!

そして、設計者の直理と何やら打ち合わせをしています。
f0042438_2051053.jpg

『ダイニングテーブル・・・?』そんな会話が聞こえてきました。
どんなダイニングテーブルが出来るのだろうか?

とてもワクワクします!

ねえねえ!直理さん、そのガラスは???
そうです。
J家を何世代も映し出したであろうガラス戸のガラスです。
そのガラスシングルで?
いや方向を変えてダブルで?
f0042438_209237.jpg


現代風にアレンジて、木製建具の明かり窓としてJ家で活躍します。

仕上げ工程で慌ただしくなった頃、外回りでは配管工事も始まりました。
f0042438_209585.jpg

外構を踏まえて、センスある配管をしてくれる設備担当者。
いつもありがとうございます。
暑い季節に入りますので、体調には気を付けてほしいです。

建物の仕上げが決まったら、空間に欠かせないカーテンの打ち合わせです。
f0042438_20145680.jpg

無限大にあるカーテンの素材と色。
その中から、J様邸の空間にあう色を提案いたします。
もちろん、予算も踏まえて。


さあ、室内の大工工事が終わったら、
外回りのラストスパートに突入です。
f0042438_20295581.jpg

さてさて、これは?

この石は、間知石(けんちいし)といいます。
J家の敷地と道路の境界に積んでありました。
解体の際、処分しがちですが、こちらを再利用です。
その目的は?

じゃじゃ~~ん。
f0042438_20195229.jpg

ウッドデッキの架台として、復活しました!

次の100年繋ぐプロジェクト。
J家の皆様が幸せに暮らせるよう、最後までチームは頑張ります。

(有)円ホーム 岩松あつみ

次の100年住宅プロジェクト続⑪
[PR]
トラックバックURL : https://kuhgaku.exblog.jp/tb/24251596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kuhgaku | 2015-07-15 20:30 | Trackback | Comments(0)

熊本の家づくりプロ集団「空楽」からのお知らせなど・若杉建築設計工房・直理建築設計事務所・カリエラK・SPACE LAB.・aireal・グランマデザイン設計室・Archi Design・FRAME・円ホーム


by kuhgaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30